トリプルファイヤー吉田靖直のエッセイが『散歩の達人』で連載開始

吉田靖直(トリプルファイヤー)のエッセイが、明日11月21日発売の『散歩の達人 2018年12月号』から連載開始する。

連載タイトルは「ここに来るまで忘れてた。」。毎回1つの街をテーマに据えて、吉田が思い出のエピソードを綴ると共に、その街を再び訪れ、撮り下ろした写真が掲載される。今回の連載化は、『散歩の達人 2018年7月号』に吉田が学生時代を過ごした阿佐ヶ谷について寄稿した記事が評判を呼んだことがきっかけだという。

なお同号の大特集は「東急東横線 新丸子~反町」。渋谷と横浜を結び、人々の行き来を通して育まれた文化とアミューズメント性に溢れた神奈川の東横線沿線を歩く。第2特集は、QUEENファンが集まる店など11軒を紹介する「魂揺さぶるボヘミアンな夜を……東京ロック&ブルーズ酒場」。また同号から大田垣晴子の新連載「ぶらぶら親子さんぽ」もスタートする。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • トリプルファイヤー吉田靖直のエッセイが『散歩の達人』で連載開始

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて