シアーシャ・ローナンVSマーゴット・ロビー、映画『ふたりの女王』3月公開

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』が、2019年3月から東京・日比谷のTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開される。

同作は、スコットランド女王メアリー・スチュアートとイングランド女王エリザベス1世の熾烈な戦いと、波乱に満ちた人生を描いた作品。それぞれの宮廷内部で起こる裏切りや反乱、陰謀が2人の王位を危険に曝し、歴史の流れを変えていくというあらすじだ。原題は『Mary, Queen of Scots』。

16歳でフランス王妃、18歳で未亡人となり、スコットランドで再び王位に就くメアリー・スチュアート役に『レディ・バード』のシアーシャ・ローナン、恋愛、結婚を経験し、気高く美しいメアリーに複雑な想いを抱くエリザベス1世役に『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』『スーサイド・スクワッド』のマーゴット・ロビーがキャスティング。監督は同作で長編映画監督デビューを果たしたジョージー・ルークが務めた。

作品情報

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

2019年3月からTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開
監督:ジョージー・ルーク 脚本:ボー・ウィリモン 出演: シアーシャ・ローナン マーゴット・ロビー ジャック・ロウデン ジョー・アルウィン ジェンマ・チャン マーティン・コムストン イスマエル・クルス・コルドバ ブレンダン・コイル イアン・ハート エイドリアン・レスター ジェームズ・マッカードル デヴィッド・テナント ガイ・ピアース 上映時間:124分 配給:ビターズ・エンド、パルコ
  • HOME
  • Movie/Drama
  • シアーシャ・ローナンVSマーゴット・ロビー、映画『ふたりの女王』3月公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて