ロバート・インディアナ追悼展が代官山で開催、前澤友作のコレクションも

『LOVE & PEACE: ロバート・インディアナ追悼展』が、11月27日から東京・代官山のヒルサイドフォーラムで開催される。

東京・新宿にあるパブリック彫刻『LOVE』でも知られるロバート・インディアナ。ポップアートやハードエッジの文脈で評価され、今年5月に89歳で逝去するまで、生涯にわたって「Poeple's Painter(人々のための画家)」であろうとし、「愛」や「平和」を謳うアートを発表した。

インディアナの追悼展として行なわれる同展では、展覧会の主催である公益財団法人現代芸術振興財団の会長・前澤友作のコレクションに加え、インディアナの重要作品を数多く所蔵するモーガン・アート・ファウンデーションのコレクションから、平面や立体作品10数点を展示。ニューヨークを拠点に活動する手塚美和子をゲストキュレーターに迎え、1960年代から2000年代までのインディアナのキャリアと人生を紹介する。

関連イベントとして11月29日には手塚美和子と現在東京・六本木の森美術館で開催中の『カタストロフと美術のちから展』のキュレーター・近藤健一によるトークイベント『ラブ&ピース&カタストロフと美術のちから』が行なわれる。

なおヒルサイドフォーラムでは『CAF賞2018 入選作品展覧会』が同時開催。日本全国の高校、大学、大学院、専門学校の学生および日本国籍を有し海外の教育機関に在籍する学生の作品を対象としたアートアワード『CAF賞』の今年の入選作品を展示する。初日の11月27日には最終審査が行なわれ、受賞作品の発表と表彰式が実施される。

イベント情報

『LOVE & PEACE: ロバート・インディアナ追悼展』

2018年11月27日(火)~12月2日(日) 会場:東京都 代官山 ヒルサイドテラスF棟 ヒルサイドフォーラム 時間:11:00~19:00(最終日は17:00まで) 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • ロバート・インディアナ追悼展が代官山で開催、前澤友作のコレクションも

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて