松本大洋×夢枕獏の絵本『こんとん』1月刊行、中国神話の怪物が題材の物語

松本大洋と夢枕獏による絵本『こんとん』が1月下旬に刊行される。

『かないくん』『「いる」じゃん』に続く、松本大洋にとって3冊目の絵本となる同作は、中国神話に登場する怪物「渾沌」の伝説を題材に夢枕獏が物語った作品。6本の足と6枚の翼を持つが目も耳も鼻も口もない「こんとん」のもとに南の海の帝と北の海の帝がやってきて、こんとんに2つの目、2つの耳、2つの鼻の穴、口の計7つの穴を作ってやることにする、というあらすじだ。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 松本大洋×夢枕獏の絵本『こんとん』1月刊行、中国神話の怪物が題材の物語

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて