『あした世界が終わるとしても』予告編公開、あいみょん書き下ろし主題歌も

アニメーション映画『あした世界が終わるとしても』の予告編が公開された。

2019年1月25日に公開される同作は、フジテレビで放送中のテレビアニメ『イングレス』などを制作するクラフタースタジオ初のオリジナル長編作品。幼いころに母を亡くして以来、心を閉ざしがちな真と、彼を見守ってきた幼なじみの琴莉が、高校3年になってようやく一歩を踏み出そうとした矢先、もう1つの日本からもう1人の「僕」が現れるというあらすじだ。監督、脚本は『イングレス』の監督を務めた櫻木優平。主題歌と挿入歌はあいみょんが担当した。

予告編には真と琴莉や真の「もう1人の自分」であるジンの姿、新宿の風景、街が煙に覆われている様子、マティックと呼ばれる少女の姿をした人型兵器ミコが戦うシーンなどが映し出されている。またこれまであいみょんが主題歌を担当することは発表されていたが、今回タイトルが“あした世界が終わるとしても”になることが判明。さらに新場面写真も一挙公開された。

作品情報

『あした世界が終わるとしても』

2019年1月25日(金)から公開
監督・脚本:櫻木優平 原作:クラフター アニメーション制作:クラフタースタジオ 主題歌:あいみょん“あした世界が終わるとしても” 挿入歌:あいみょん“ら、のはなし” 声の出演: 梶裕貴 内田真礼 中島ヨシキ 千本木彩花 悠木碧 水瀬いのり 津田健次郎 森川智之 水樹奈々 ナレーション:古谷徹 配給:松竹メディア事業部
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『あした世界が終わるとしても』予告編公開、あいみょん書き下ろし主題歌も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて