ニュース

『劇場版シティーハンター』声優に飯豊まりえら&“Get Wild”使用予告編も

飯豊まりえと進藤亜衣ビジュアル ©北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
飯豊まりえと進藤亜衣ビジュアル ©北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

アニメーション映画『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』のゲスト声優が発表。あわせて本予告編が公開された。

2月8日から公開される同作。原作は1985年から1991年まで『週刊少年ジャンプ』で連載された北条司の漫画で、東京・新宿を舞台に法で裁けない悪と闘う「始末屋」冴羽獠の姿を描く。1987年にテレビアニメ化されたほか、劇場版アニメがこれまでに3作制作されている。今回の劇場版でも冴羽獠役を神谷明、獠の相棒・槇村香役を伊倉一恵が続投。

出演が発表されたのは、飯豊まりえ、徳井義実(チュートリアル)、山寺宏一、大塚芳忠。飯豊はゲストヒロインとして獠にボディーガードを依頼するモデルで女子大生の進藤亜衣役、山寺は大企業ドミナテックのCEOで香の幼なじみ御国真司役、大塚は謎の武器商人ヴィンス・イングラード役を演じる。徳井が演じるキャラクターは後日発表。声優初挑戦となる飯豊は「沢山のファンがいる『シティーハンター』のヒロイン役を演じられて本当に光栄です。“声優デビュー”なのでとても緊張していますが、同時にすごく楽しみでワクワクしています」とコメントを寄せている。

本予告編では「俺を呼んだのは、君だろ?」と獠が登場するシーンや、亜衣を前に「モッコリちゃーーん」と叫ぶ獠に香の「100tハンマー」が炸裂する場面、獠の「美女の依頼は断らない」というセリフに加えて、玄田哲章演じる海坊主、小山茉美演じる美樹、御国真司、ヴィンス・イングラードの姿などが確認できる。今回の発表で、エンディングテーマにTM NETWORKの“Get Wild”が起用されることが判明したほか、本ポスタービジュアルも公開。

『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』本ポスタービジュアル ©北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』本ポスタービジュアル ©北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
飯豊まりえ
飯豊まりえ
徳井義実
徳井義実
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告