『劇場版シティーハンター』声優に飯豊まりえら&“Get Wild”使用予告編も

アニメーション映画『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』のゲスト声優が発表。あわせて本予告編が公開された。

2月8日から公開される同作。原作は1985年から1991年まで『週刊少年ジャンプ』で連載された北条司の漫画で、東京・新宿を舞台に法で裁けない悪と闘う「始末屋」冴羽獠の姿を描く。1987年にテレビアニメ化されたほか、劇場版アニメがこれまでに3作制作されている。今回の劇場版でも冴羽獠役を神谷明、獠の相棒・槇村香役を伊倉一恵が続投。

出演が発表されたのは、飯豊まりえ、徳井義実(チュートリアル)、山寺宏一、大塚芳忠。飯豊はゲストヒロインとして獠にボディーガードを依頼するモデルで女子大生の進藤亜衣役、山寺は大企業ドミナテックのCEOで香の幼なじみ御国真司役、大塚は謎の武器商人ヴィンス・イングラード役を演じる。徳井が演じるキャラクターは後日発表。声優初挑戦となる飯豊は「沢山のファンがいる『シティーハンター』のヒロイン役を演じられて本当に光栄です。“声優デビュー”なのでとても緊張していますが、同時にすごく楽しみでワクワクしています」とコメントを寄せている。

本予告編では「俺を呼んだのは、君だろ?」と獠が登場するシーンや、亜衣を前に「モッコリちゃーーん」と叫ぶ獠に香の「100tハンマー」が炸裂する場面、獠の「美女の依頼は断らない」というセリフに加えて、玄田哲章演じる海坊主、小山茉美演じる美樹、御国真司、ヴィンス・イングラードの姿などが確認できる。今回の発表で、エンディングテーマにTM NETWORKの“Get Wild”が起用されることが判明したほか、本ポスタービジュアルも公開。

作品情報

『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』

2019年2月8日(金)公開
総監督:こだま兼嗣 脚本:加藤陽一 原作:北条司 音楽:岩崎琢 エンディングテーマ:TM NETWORK“Get Wild” アニメーション制作:サンライズ 声の出演: 神谷明 伊倉一恵 飯豊まりえ 山寺宏一 一龍斎春水 玄田哲章 小山茉美 大塚芳忠 徳井義実(チュートリアル) 配給:アニプレックス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『劇場版シティーハンター』声優に飯豊まりえら&“Get Wild”使用予告編も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて