ニュース

ヒトラーはなぜ美術品略奪に執着した?映画『ヒトラーVS.ピカソ』4月公開

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』が4月19日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で公開される。

同作はナチスドイツに弾圧され、奪われた美術品と、作品に関わる人々に迫った作品。ピカソ、ゴッホ、ゴーギャン、シャガール、クレーらの美術品に「退廃芸術」の烙印を押したナチスドイツによって略奪された芸術品が辿った美術史と、アドルフ・ヒトラーの思想の背景を、略奪された美術品の相続人や奪還運動に携わった関係者の証言をもとに描く。英題は『HITLER VERSUS PICASSO AND THE OTHERS』。

青年時代に画家志望だったヒトラーは「総統美術館」を建設する野望を抱き、ユダヤ人富裕層の名品をはじめ、フランス・ルーヴル美術館やユダヤ人美術収集家が所蔵する美術品の略奪を繰り返した。略奪された約60万点のうち、約10万点が現在も行方不明と言われている。

劇中の案内人を『ローマに消えた男』『修道士は沈黙する』のトニ・セルヴィッロ、監督をクラウディオ・ポリが務めた。字幕監修は書籍『怖い絵』シリーズの中野京子。

発表とあわせてティザービジュアルが公開。ヒトラーの横顔が描かれたイラストや、「ヒトラーの秘宝。だれも知らない闇の美術史」というコピーなどが写し出されている。

『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』ティザービジュアル ©2018 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved
『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』ティザービジュアル ©2018 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会