ニュース

『それを愛とまちがえるから』追加キャストに渡辺大知、LiLiCo、MEGUMI

左から渡辺大知、LiLiCo、MEGUMI
左から渡辺大知、LiLiCo、MEGUMI

『連続ドラマW それを愛とまちがえるから』の追加出演者が発表された。

2月9日からWOWOWプライムで放送される同作は、井上荒野の2013年刊行の小説『それを愛とまちがえるから』をもとにした作品。セックスレスになった結婚15年目の夫婦の行く末を描くラブコメディーで、不倫をしている専業主婦の伽耶役を稲森いずみ、匡役を鈴木浩介、伽耶の不倫相手で漫画家の誠一郎役を安藤政信、匡の不倫相手で整体師の朱音役を仲里依紗が演じる。

追加キャストとして発表されたのは、朱音の元同僚で鍼灸師の東輝紀役を演じる渡辺大知、匡が勤務する大手スーパーのパート従業員・馬場さくら役を演じるLiLiCo、誠一郎の編集担当の田崎れい羅役を演じるMEGUMI。それぞれコメントも発表した。

追加キャストとあわせて公開されたポスタービジュアルでは、伽耶役の稲森いずみをはじめ、匡役の鈴木浩介、誠一郎役の安藤政信、朱音役の仲里依紗の姿が確認できる。

渡辺大知のコメント

登場人物みんなのセリフがとにかく面白くて、個性的で生き生きとしていて、早く出演者の方々の芝居を観たくてソワソワしてました。現場では自分もその中でなるべくのびのびと与えてもらった役を楽しみたいという一心でした。輝紀という役は包容力のある優しい男ですが、頑固なところや寂しがり屋なところが割とすぐ表に出るタイプなのかなと思って読みました。台本の準備稿に輝紀(イケメン)と書かれていたので「これはまずい!」と思っていましたが、決定稿ではそれが外れていたので安心しました。
役者のみなさんの演技がとっても素敵なので楽しくドキドキ観てもらえるドラマになっています。人間、一番そばにいるひとのことも意外と知らなかったりするもんだと思います。このドラマを観て、コミュニケーションの難しさや可笑しさに気づいてもらえたら嬉しいです。

LiLiCoのコメント

最初に台本読んで、わたしの大好きどろどろじゃ~んって。でもいろいろ悩んだりして、大人たちは変わっていく。わたしの馬場さくら役はその中で大事なときにキツ目にいろいろ言ってしまうけど、根は正論に満ちたまともな女性(かな?)。わくわくして、そしてほっこりしたいあなたへ!

MEGUMIのコメント

「不倫」というよく取り上げるテーマを違う視点から描いているのが面白いと思いました。
登場人物も皆少しづつダメな人達で何だか好きになっちゃうのも良いです。大人になっても恋愛を通して成長できるんだなぁー。発見です!

『連続ドラマW それを愛とまちがえるから』ビジュアル
『連続ドラマW それを愛とまちがえるから』ビジュアル
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察