「東京」がテーマの朗読企画に西田尚美、佐々木蔵之介、板尾創路らが出演

朗読イベント『芸劇+トーク 朗読「東京」第六回』が、1月24日から東京・池袋の東京芸術劇場 シアターイーストで開催される。

2014年にスタートした『芸劇+トーク 朗読「東京」』は「東京」をテーマにしたリーディング企画。短編、戯曲、エッセイなど古今の作品に描かれた「東京」を俳優が朗読し、読後のトークで自身の「東京」を語る。

出演者は川上弘美のエッセイ『此処 彼処』を朗読する西田尚美、沢木耕太郎の著書『長距離ランナーの遺書』を朗読する佐々木蔵之介、八十田勇一、町田康の著書『東京飄然』を朗読する板尾創路ら。トーク進行は泉麻人、演出は長部聡介(フジテレビ)が担当する。チケットの販売は12月24日10:00からスタート。

イベント情報

『芸劇+トーク 朗読「東京」第六回』

2019年1月24日(木)~1月26日(土)全3公演 会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト
演出:長部聡介 1月24日出演: 西田尚美 ほか 1月25日出演: 佐々木蔵之介 八十田勇一 1月26日出演: 板尾創路 ほか 司会:泉麻人 料金:一般3,000円 65歳以上2,500円 25歳以下2,000円 高校生割引1,000円 3公演セット券6,000円 2公演セット券4,500円
  • HOME
  • Stage
  • 「東京」がテーマの朗読企画に西田尚美、佐々木蔵之介、板尾創路らが出演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて