『ボヘミアン・ラプソディ爆音映画祭』大阪で開催 「爆音絶叫上映」も

上映企画『ボヘミアン・ラプソディ爆音映画祭』が、1月11日から大阪・MOVIX堺で開催される。

『爆音映画祭』は、樋口泰人(boid)が総合プロデュースを手掛ける上映イベント。2004年にスタートして以来、全国で展開されている。

今回上映される『ボヘミアン・ラプソディ』は、1991年に死去したフレディ・マーキュリー(Queen)の半生を描いた作品。同作の日本での興行収入は12月18日現在55億円を突破しており、2018年公開洋画興行収入ランキングで『ジュラシック・ワールド2 炎の王国』の81億円に次ぐ2位となっている。

1月12日、13日、14日には「V8J絶叫上映企画チーム」による「爆音絶叫上映」も実施。チケットの販売は12月29日から開始する。

イベント情報

『ボヘミアン・ラプソディ爆音映画祭』

2019年1月11日(金)~1月14日(月・祝) 会場:大阪府 MOVIX堺 上映作品:『ボヘミアン・ラプソディ』(監督:ブライアン・シンガー) 料金:1,800円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『ボヘミアン・ラプソディ爆音映画祭』大阪で開催 「爆音絶叫上映」も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて