ニュース

大原大次郎と田中義久が互いを「解剖」 2人のデザインの正体探る展覧会

大原大次郎と田中義久の2人展『大原の身体 田中の生態』が、1月11日から東京・銀座のクリエイションギャラリーG8で開催される。

タイポグラフィを基軸とした表現で音楽関連のデザインや広告などのクライアントワークに従事する一方、言葉や文字の知覚を探るプロジェクトを多数展開する大原大次郎と、国内外のアーティストの作品集デザインや美術館やコマーシャルギャラリーのVI計画、芸術祭や展示会のアートディレクションを手掛け、飯田竜太とのアーティストデュオ「Nerhol」としても活動する田中義久。

同展は、活動領域は異なるものの同時代のデザイナーとしてキャリアを重ねてきた2人が、それぞれの中にあるデザインの本質を互いに読み解こうという試み。互いを研究対象の素材として、「身体」と「生態」という切り口のもとでそれぞれを解剖し、そのリサーチによって生み出された成果物とプロセスを展示する。

大原は、田中がデザインしてきた本の「生態」を描写。本の肖像群と本に関わる出版社や印刷所などの制作環境を定点観測し、リサーチプロセスを進行形で公開していく。一方の田中は、山形や徳島、葉山など大原がレジデンスを行なった場所で収集したマテリアルの抽出や、行為に内在する身体性を考察し、変容させることで紙に集約するという。

初日の1月11日はオープニングパーティーを開催。会期中はトークやギャラリーツアーなどの関連イベントが予定されている。詳細は会場のオフィシャルサイトでチェックしよう。

『大原の身体 田中の生態』ポスタービジュアル
『大原の身体 田中の生態』ポスタービジュアル
大原大次郎による田中義久の生態研究 『点子』
大原大次郎による田中義久の生態研究 『点子』
大原大次郎による田中義久の生態研究 『点子』
大原大次郎による田中義久の生態研究 『点子』
田中義久による大原大次郎の身体考察 『文字と採取の痕跡』
田中義久による大原大次郎の身体考察 『文字と採取の痕跡』
田中義久による大原大次郎の身体考察 『文字と採取の痕跡』
田中義久による大原大次郎の身体考察 『文字と採取の痕跡』
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図