L・ヘッジズ主演『ある少年の告白』 同性愛の転向療法強いられる青年描く

映画『BOY ERASED』が『ある少年の告白』の邦題で4月から公開される。

2016年に発表されたガラルド・コンリーの回顧録をもとにした同作は、アメリカの田舎町に牧師の父と母の1人息子として育った大学生のジャレッドを主人公にした作品。自分は男性のことが好きだと気づいたジャレッドに対し、両親は同性愛を「治す」転向療法への参加を勧めるが、ジェレッドは自らを偽って生きることを強いる施設に疑問と憤りを感じ、ある行動を起こすというあらすじだ。

主人公ジャレッドを演じるのは、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』で20歳にして『アカデミー賞』助演男優賞にノミネートされたルーカス・ヘッジズ。ジャレットの両親役をラッセル・クロウ、ニコール・キッドマンが演じているほか、共演者にグザヴィエ・ドラン、シンガーソングライターのトロイ・シヴァン、フリー(Red Hot Chili Peppers)らが名を連ねる。

監督は『ザ・ギフト』以来、2作目の長編監督作となり、『ある少年の告白』ではプロデューサー、監督、脚本、出演を務めているジョエル・エドガートン。同作は『第76回ゴールデングローブ賞』で主演男優賞、主題歌賞にノミネートされている。

作品情報

『ある少年の告白』

2019年4月からTOHO シネマズ シャンテほか全国公開
監督・脚本:ジョエル・エドガートン 原作:ガラルド・コンリー 音楽:ダニー・ベンジー、サウンダー・ジュリアンズ 出演: ルーカス・ヘッジズ ニコール・キッドマン ラッセル・クロウ ジョエル・エドガートン グザヴィエ・ドラン トロイ・シヴァン 上映時間:115分 配給:ビターズ・エンド/パルコ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • L・ヘッジズ主演『ある少年の告白』 同性愛の転向療法強いられる青年描く

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて