フォーエバー現代美術館 祇園・京都が2月に閉館 草間彌生作品を展示

京都・祇園四条のフォーエバー現代美術館 祇園・京都が2月28日をもって閉館することがわかった。

2017年6月から期間限定で開館している同美術館。閉館理由は、祇園甲部歌舞練場敷地内に1913年に建てられた登録有形文化財である八坂倶楽部 ホールの賃貸借契約満了によるもの。

現在、最後の展示となる『草間彌生 永遠の南瓜展』が開催中。草間彌生の代表的なモチーフの1つとして知られる「南瓜」の作品35点をはじめ、花、富士をモチーフにした作品、初期作品など全123点を紹介している。

フォーエバー現代美術館 祇園・京都のコメント

最後に、またどこかで皆様とお会いできますことを願っております。今後も皆様に楽しんでいただける『美術館』となりますよう歩んでまいりたいと存じます。今後とも変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。
ぜひこの機会に、美しい和の空間の中で、草間彌生の独創的な世界観と伝統建築との調和を味わっていただければと存じます。
草間彌生、京都・祇園、現代アート、伝統建築、畳、日本庭園…。“ここでしか体験できない時間を”どうぞご体感ください。

イベント情報

『草間彌生 永遠の南瓜展』

2018年5月3日(木・祝)~2019年2月28日(木) 会場:京都府 祇園四条 フォーエバー現代美術館 祇園・京都 時間:10:00~18:00(入館は17:30まで) 休館日:12月31日、1月1日、1月7日、1月8日、1月9日 料金:一般1500円 中高生1000円 ※小学生以下、障害者手帳を持参の方と介添人1名は無料
  • HOME
  • Art,Design
  • フォーエバー現代美術館 祇園・京都が2月に閉館 草間彌生作品を展示

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて