BUMP OF CHICKEN“ロストマン”がサッポロビール『箱根駅伝』CMソングに

BUMP OF CHICKENの楽曲がサッポロビールの「第95回箱根駅伝用オリジナルCM」の年始特別バージョンに起用される。

1月2日、3日に日本テレビ系で放送される『第95回東京箱根間往復大学駅伝競走』。年始特別バージョンCMは「第95回箱根駅伝 箱根駅伝のその先へ 大迫篇」「第95回箱根駅伝 箱根駅伝のその先へ 設楽篇」の2種類が制作され、1月2日、3日の『箱根駅伝』テレビ放送時や関連番組放送時などに放映される。またサッポロビールのオフィシャルサイトでも1月2日に公開予定だ。

CMには『箱根駅伝』のOBである大迫傑、設楽悠太の両選手が出演。2人への取材をもとにナレーションを構成し、『箱根駅伝』への想いを紐解いたCMになっている。CMソングはBUMP OF CHICKENが2003年に発表した楽曲“ロストマン”。大迫、設楽の過去シーンは、『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザインと作画監督などで知られる安彦良和による描き下ろしのアニメーションで表現している。CMの放映に先駆けて、「サッポロビール箱根駅伝応援サイト」では大迫、設楽へのインタビューやCMのメイキングが公開中だ。

安彦良和のコメント

現役時代にも一度もやらなかったCMを今回やってしまいました。(「やらない」って決めていたんですよ。じつは。)それが何故っていえばやはり「あの“箱根駅伝”で、正月に全国に流れる」っていうことの魅力かな。それと、幸いちょっと時間があったこと。「線画でいく」っていわれたこと。「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」というアニメをやったことで気持ちがちょっとアニメに帰って来ていて、家に用紙とかが一揃いあったこと・・・そんなことがいろいろ重なりました。
やって良かったと思います。実写の大迫君や設楽君が格好いいですがアニメも邪魔していないと思います。
お楽しみください。

  • HOME
  • Music
  • BUMP OF CHICKEN“ロストマン”がサッポロビール『箱根駅伝』CMソングに

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて