『えいがのおそ松さん』と『平ジェネFOREVER』がコラボ、6つ子が変身

映画『えいがのおそ松さん』と『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』のコラボレーションイラストが公開された。

コラボレーションイラストは、歴代の「平成」仮面ライダーになりきった松野おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松の姿が写し出されたもの。おそ松は『仮面ライダー電王』、カラ松は『仮面ライダービルド』、チョロ松は『仮面ライダーW』、一松は『仮面ライダージオウ』、十四松は『仮面ライダークウガ』、トド松は『仮面ライダーディケイド』のコスチュームをそれぞれ身に纏い、ポーズを取っている。映画のオフィシャルサイトとTwitterでは、ライダーになった6つ子たちのコメントも公開中。

発表とあわせ、『仮面ライダージオウ』『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVR』プロデューサーの白倉伸一郎(東映)のコメントが公開。「かつて赤塚不二夫先生は、石ノ森章太郎先生を頼ってトキワ荘に入居したという。赤塚先生のDNAを受け継ぐニートどもが、石ノ森先生のDNAを継ぐライダーを慕うのは当然である」と述べている。

3月15日から公開される『えいがのおそ松さん』は、赤塚不二夫の漫画『おそ松くん』を原作に、大人になってニート生活を送る松野家の6つ子と彼らを取り巻く人物たちの姿を描いたテレビアニメ『おそ松さん』の新作劇場版。高校の同窓会で社会人として生活する同級生と再会し、冴えない自分たちの現状を曝された6つ子は、やさぐれて酒をあおって眠ってしまうが、翌朝、ある光景を目にするというあらすじだ。現在特典付きの前売り券第2弾が販売中。

また現在公開中の『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』は、『仮面ライダージオウ』『仮面ライダービルド』の世界を舞台にした作品。仲間たちが次々と記憶を失っていく中、敵から1人の少年を救おうともがく常盤ソウゴと桐生戦兎が、ある青年から「仮面ライダーは、現実の存在じゃない」と告げられる、というあらすじだ。

白倉伸一郎プロデューサー(東映)のコメント

かつて赤塚不二夫先生は、石ノ森章太郎先生を頼ってトキワ荘に入居したという。
赤塚先生のDNAを受け継ぐニートどもが、石ノ森先生のDNAを継ぐライダーを慕うのは当然である。
ちなみに平成ライダー20人の中で、まっとうに就職したのは4人くらいしかいない。


作品情報

『えいがのおそ松さん』

2019年3月15日(金)から全国公開
監督:藤田陽一 脚本:松原秀 原作:赤塚不二夫『おそ松くん』 キャラクターデザイン:浅野直之 アニメーション制作:studioぴえろ 声の出演: 櫻井孝宏 中村悠一 神谷浩史 福山潤 小野大輔 入野自由 遠藤綾 鈴村健一 國立幸 上田燿司 飛田展男 斎藤桃子 ほか 配給:松竹
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『えいがのおそ松さん』と『平ジェネFOREVER』がコラボ、6つ子が変身

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて