クイーンの中吊り広告が東京メトロ9路線に登場 全28種、約1000枚

Queenの中吊り広告が12月31日から東京メトロに掲出される。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のヒットを受けて制作された広告は、12月31日から1月6日までの期間中、銀座線、丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線、有楽町線、半蔵門線、南北線、副都心線の各車両の1編成に登場。Queenの作品やフレディ・マーキュリーの言葉をはじめ、SNSの投稿、楽曲の歌詞などが写し出された全28種類、約1,000枚の中吊りがランダムで掲出される。対象路線の運行は毎日変更する。

『ボヘミアン・ラプソディ』は、Queen最初期からのボーカリストで、1991年にHIV感染合併症のニューモシスチス肺炎によって死去したフレディ・マーキュリーの半生を描いた作品。マーキュリーがエンターテイナーとしての地位を確立する姿をバンド活動の裏側と共に映し出す。日本の観客動員数は12月25日時点で474万人、累計興行収入は65億円を突破。サウンドトラックの出荷はCDと配信をあわせて34万枚を超えている。

なおQueenの日本オフィシャルサイトでは、アンケートに答えると抽選でプレゼントが贈られるキャンペーンが実施中だ。

  • HOME
  • Music
  • クイーンの中吊り広告が東京メトロ9路線に登場 全28種、約1000枚

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて