ニュース

松井玲奈主演『名古屋行き最終列車』第7弾に寺島進、鈴木福、皆川猿時ら

連続ドラマ『名古屋行き最終列車2019』が1月14日からメ~テレで放送される。

名古屋鉄道を舞台にした地域密着ドラマ『名古屋行き最終列車』。松井玲奈が主演を務め、今回で第7弾となる。1話完結のオムニバスドラマで、10話それぞれで主役が異なる。

レギュラーキャストは、松井玲奈、六角精児、吹越満、松下由樹、矢本悠馬 小林豊(BOYS AND MEN)、花澤香菜、日比美思、波岡一喜、今野浩喜、関太(タイムマシーン3号)、黒川芽以、岡山天音、宮崎香蓮、谷花音、手塚とおる。新キャストとして寺島進、柚希礼音、鈴木福、皆川猿時、筧美和子、野澤しおり、奥田洋平、津田寛治が登場する。

7年連続で同作に出演している六角精児は「この名古屋のドラマの拡がる様は凄い。毎年新たな素敵な俳優さんが参加してくる“ドラマ自体の魅力”、そしてそんな俳優さんと他の現場で会った時に、『もう今年は撮ったんですか?』『あ、来月からです』みたいな挨拶をしてしまう何かしらの“名古屋的な魅力”。その二つが相まってドラマに不思議な力を持たせているのだと思う」とコメントしている。

六角精児のコメント

この名古屋のドラマの拡がる様は凄い。毎年新たな素敵な俳優さんが参加してくる“ドラマ自体の魅力”、そしてそんな俳優さんと他の現場で会った時に、『もう今年は撮ったんですか?』『あ、来月からです』みたいな挨拶をしてしまう何かしらの“名古屋的な魅力”。その二つが相まってドラマに不思議な力を持たせているのだと思う。「味仙」でビールをのみ、台湾ラーメンをすすりながらそう思いました。

『名古屋行き最終列車2019』ビジュアル
『名古屋行き最終列車2019』ビジュアル
『名古屋行き最終列車2019』
『名古屋行き最終列車2019』
『名古屋行き最終列車2019』
『名古屋行き最終列車2019』
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図