自殺した仏作家になりすます元レジスタンス青年 映画『未来を乗り換えた男』

映画『未来を乗り換えた男』が、1月12日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

アンナ・ゼーガースが1942年に亡命先のマルセイユで執筆した小説『トランジット』の舞台を現代のフランスに移して映画化した同作は、ユダヤ人がナチスの迫害を受けた戦時中の悲劇と、難民問題が深刻化している現在の状況を重ねあわせた作品。祖国ドイツで吹き荒れるファシズムを逃れ、マルセイユに辿り着いた元レジスタンスのゲオルクが、パリのホテルで自殺した亡命作家ヴァイデルに成りすまし、船でメキシコに発とうと思い立つが、そこで出会った美しくもミステリアスなマリーに心を奪われていくというあらすじだ。原題は『TRANSIT』。

ゲオルク役にフランツ・ロゴフスキ、ゲオルクが成りすましたヴァイデルの妻マリー役にパウラ・ベーアがキャスティング。監督は『東ベルリンから来た女』『あの日のように抱きしめて』などのクリスティアン・ペツォールトが務めた。挿入歌としてTalking Headsの楽曲“ROAD TO NOWHERE”が使用されている。

作品情報

『未来を乗り換えた男』

2019年1月12日(土)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
監督・脚本:クリスティアン・ペツォールト 原作:アンナ・ゼーガース『トランジット』 挿入歌:Talking Heads“ROAD TO NOWHERE” 出演: フランツ・ロゴフスキ パウラ・ベーア 上映時間:102分 配給:アルバトロス・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 自殺した仏作家になりすます元レジスタンス青年 映画『未来を乗り換えた男』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて