ニュース

ボイメン水野勝&田中俊介&小林豊&本田剛文『ジャンクション29』予告編

『ジャンクション29』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『ジャンクション29』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会

映画『ジャンクション29』の予告編とコメントが公開された。

BOYS AND MENの水野勝、田中俊介、小林豊、本田剛文が各エピソードの主人公を演じる『ジャンクション29』は、夢、恋、人生にもがく29歳の青年たちの人生の分岐点を描いたオムニバス作品。テレビ愛知、ホームドラマチャンネルほかで放送されているドラマ版と、2月22日から公開される劇場版が製作され、劇場版ではドラマ版全3話に加えて、接点のない3人と唯一交差することになるもう1人の29歳の青年の物語が描かれる。メガホンを取ったのはウエダアツシ、山田晃久。

予告編では、『ツチノコの夜』で田中俊介が演じる自主映画監督の吉田健一や、『結婚の条件』で水野勝が演じる結婚相談所の社長・鴛鴦ハジメ、『バズる』で本田剛文が演じる「バズチューバー」の守谷悟に加えて、『ジャンクション』で小林豊が演じる漫画家志望の丸山晋輔の姿が初披露されている。

田中俊介は「4本の作品の中のどれかにはまる作品がきっとあると思うので気楽な気持ちで見に来て、最後に発見できることがあるかも知れません」、水野勝は「今回の4人の中では唯一お金のある役。衣装合わせの時から監督の“こういうやついたらムカつくわー”のスイッチを押したら役として合格というやり取りをして作り上げました」とそれぞれコメント。

また本田剛文は「この映画の登場人物たちは最後に劇的に何か変わるわけではなく、ちょっとだけ変化して、2年後、3年後のこの人たちの成長が楽しみになる映画だと思います」、小林豊は「4つの作品を繋げられる役を演じられてよかったです。人が死ぬ前ってどんな感じなんだろうというのを考えながら役作りをしていました」と述べている。

2月2日には東京、3日には愛知で完成披露上映会を実施。チケットの販売は明日1月12日12:00からスタートする。詳細は『ジャンクション29』のオフィシャルサイトで確認しよう。

田中俊介(BOYS AND MEN)のコメント

今回新しい役に挑戦させていただきました。指や口の動きなど細かい演出が多くかなり苦労しました。4本の作品の中のどれかにはまる作品がきっとあると思うので気楽な気持ちで見に来て、最後に発見できることがあるかも知れません。ぜひ劇場に気楽な気持ちでお越しください。

水野勝(BOYS AND MEN)のコメント

今回の4人の中では唯一お金のある役。衣装合わせの時から監督の“こういうやついたらムカつくわー”のスイッチを押したら役として合格というやり取りをして作り上げました。今回の役で、20代ではなかなかできないフェラーリに乗ることができて、演じていて楽しかったです。

本田剛文(BOYS AND MEN)のコメント

この映画の登場人物たちは最後に劇的に何か変わるわけではなく、ちょっとだけ変化して、2年後、3年後のこの人たちの成長が楽しみになる映画だと思います。見ている方が僕らの役と自分自身とを投影して見て頂けたらと思います。

小林豊(BOYS AND MEN)のコメント

4つの作品を繋げられる役を演じられてよかったです。人が死ぬ前ってどんな感じなんだろうというのを考えながら役作りをしていました。今までの作品の中で一番精神を研ぎ澄ました作品だと思います。どれも日常に起きそうなことが題材になっていて自分とリンク出来るところが沢山あるので、自分に置き換えて見て頂けたらと思います。

『ツチノコの夜』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『ツチノコの夜』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『バズる』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『バズる』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『ツチノコの夜』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『ツチノコの夜』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『バズる』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『バズる』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『結婚の条件』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『結婚の条件』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『結婚の条件』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『結婚の条件』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『ジャンクション』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『ジャンクション』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『ジャンクション』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
『ジャンクション』 ©2019『ジャンクション29』製作委員会
画像を拡大する(10枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』