火焔土器を3Dデータ化、縄文オープンソースプロジェクト発進イベント開催

「縄文オープンソースプロジェクト」の始動を記念するイベント『縄文文化財のオープンソース化がひらく創造の可能性』が、1月26日に東京・渋谷のFabCafe Tokyoで開催される。

「縄文オープンソースプロジェクト」は縄文文化を世界に広く発信することを掲げる縄文文化発信サポーターズによるもの。縄文文化財をオープンソース化することで、誰でも自由に文化財の造形を活用することができる環境を作るためのプロジェクトだ。現在、プロジェクトのオフィシャルページでは新潟・長岡市が所蔵する火焔土器の3DデータがSTLファイル形式でダウンロードできる。

記念イベントではトークセッションとワークショップを実施。「縄文文化財のオープンソース化がひらく創造の可能性」がテーマのトークセッションではドミニク・チェンがファシリテーターを務め、ゲストとして緒方壽人(Takram)とアーティストの市原えつこが登壇する。3D出力した火焔土器を使用したワークショップではシャンデリアアーティストのキム・ソンへが講師を務める。各プログラムの実施時間はイベントのFacebookページで確認しよう。

イベント情報

『縄文オープンソースプロジェクト発進記念「縄文文化財のオープンソース化がひらく創造の可能性」』

2019年1月26日(土) 会場:東京都 渋谷 FabCafe Tokyo
トークセッション 出演: ドミニク・チェン 緒方壽人(Takram) 市原えつこ ワークショップ 講師:キム・ソンヘ 定員:各回25名 料金:1,500~2,000円 ※材料費および火焔土器モデル費含む
  • HOME
  • Art,Design
  • 火焔土器を3Dデータ化、縄文オープンソースプロジェクト発進イベント開催

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて