山縣良和主宰「ここのがっこう」10周年記念展 卒業生&現役生の作品紹介

『ここのがっこう10周年展覧会』が1月26日まで東京・浅草橋のCPK GALLERYで開催されている。

2008年にファッションデザイナーの山縣良和(リトゥンアフターワーズ)がファッションクリエイションを学び、世界で活躍するクリエイターを輩出することを目的に立ち上げた「ここのがっこう」。「ここ」は場所を表す「ここ」、多数の中の1人1人を表す「個々」を意味する。山縣らが講師となり、「ファッションとは何か」を考えると同時に、自分自身のルーツと向き合いながら創造性を育てるためのプログラムを実施。卒業生は延べ800人を超えているという。

同展はここのがっこうの10周年を記念して、OB、OGからの発案のもと開催。会場では卒業生が在学中に制作したアーカイブ作品と現役学生の作品を紹介している。

イベント情報

『ここのがっこう10周年展覧会』

2019年1月13日(日)~1月26日(土) 会場:東京都 浅草橋 CPK GALLERY 時間:12:00~19:00(最終日は17:00まで) 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 山縣良和主宰「ここのがっこう」10周年記念展 卒業生&現役生の作品紹介

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて