ニュース

吉永小百合×天海祐希がタッグ 犬童一心監督『最高の人生の見つけ方』

左から吉永小百合、天海祐希
左から吉永小百合、天海祐希

映画『最高の人生の見つけ方』が今秋に全国で公開される。

同作は、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン演じる余命半年の男2人が、死ぬ前にやり残したことを実現するために冒険旅行に出る様を描いた2007年公開の映画『最高の人生の見つけ方』を原案にした日本映画。主人公を女性2人に変更し、犬童一心監督が映画化する。

主人公は人生のほとんどを家庭に捧げてきた大真面目な主婦と、人生のほとんどを仕事に捧げてきた大金持ちの女社長。余命宣告を受けて病院で出会った2人が、同じ病院に入院する少女の「死ぬまでにやりたいことリスト」を偶然手にし、リストの全項目を実行しようと決断する、というあらすじだ。

余命宣告を受けた主婦・北原幸枝役を演じるのは、同作が121本目の映画出演作となる吉永小百合。幸枝と共に「やりたいことリスト」を実行していく女社長の剛田マ子役を天海祐希が演じる。吉永と天海の共演は2001年の映画『千年の恋 ひかる源氏物語』以来、18年ぶり、2度目となる。撮影は1月5日にクラインクインし、2月末のクランクアップを予定している。

吉永小百合は同作への出演にあたり「大好きな天海さんと一緒に、思いっ切りスクリーンの中で飛び跳ねたい、生と死をしっかり受け止め、その中で新しい私を見つけたい。撮影現場で、胸が躍る毎日です」とコメント。

天海祐希は『千年の恋 ひかる源氏物語』の現場で吉永と次回作はロードムービーをやりたいと話していたことを明かし、「それが叶い、しかも素晴らしい作品でご一緒できること大変光栄なことだと思っております。犬童監督に身を委ね、吉永さんを追いかけ、日々演じておりますが、夢のような現場です!」と述べている。

また犬童一心監督は「日本映画界のレジェンド、吉永小百合、演劇界の至宝、天海祐希。かつてない名コンビに助けられ、目指すは、楽しくワクワク、そして、グッとくるヒューマンエンターテイメント。是非、ご期待ください!」とのコメントを寄せている。

吉永小百合のコメント

「カサブランカ」「インビクタス」など、深く心に残る映画を制作してきたワーナー・ブラザースの作品に初めて出演しています。
大好きな天海さんと一緒に、思いっ切りスクリーンの中で飛び跳ねたい、生と死をしっかり受け止め、その中で新しい私を見つけたい。
撮影現場で、胸が躍る毎日です。
世界中の方達にこの映画を観ていただけたら、どんなに幸せでしょう。

天海祐希のコメント

吉永さんとは「千年の恋 ひかる源氏物語」でご一緒させて頂いた以来の共演です。
実は当時、次回作は二人でロードムービーをやりたいですね。と話していたんです。
それが叶い、しかも素晴らしい作品でご一緒できること大変光栄なことだと思っております。
犬童監督に身を委ね、吉永さんを追いかけ、日々演じておりますが、夢のような現場です!
この映画は、残された人生を精一杯生きる。二人の女性を通してどんな世代の方にも共感して頂ける作品です。
きっと泣いたり笑ったり幸せな気持ちになって頂けると思います。

犬童一心監督のコメント

幸せと、上手く生きられなかったという思いは、いつだって隣り合わせではないのか?
いや、後悔ばかりが胸に膨らんで来る。
死を前に、そんな思いにかられた、普通の主婦と大成功の実業家。まるっきり違う生き方をしてきた二人の女性が旅に出ます。
自分の人生にまるごと「YES」と言うために。
日本映画界のレジェンド、吉永小百合、演劇界の至宝、天海祐希。
かつてない名コンビに助けられ、目指すは、楽しくワクワク、そして、グッとくるヒューマンエンターテイメント。
是非、ご期待ください!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を