映画『ヨーゼフ・ボイスは挑発する』予告編公開 坂本龍一の推薦コメントも

ドキュメンタリー映画『ヨーゼフ・ボイスは挑発する』の公開日が3月2日に決定。あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

同作は、第二次世界大戦後に「社会を彫刻する」ことを掲げて世界中で活動したドイツ出身の芸術家ヨーゼフ・ボイスの人生を追った作品。膨大な資料映像と、新たに撮影された関係者へのインタビューからボイスの芸術と知られざる「傷」に迫る。

予告編では、ボイスへのインタビューや彼がパフォーマンスをする様子に加えて、アンディ・ウォーホルの姿などが確認できるほか、ポスタービジュアルには「彼は、社会を彫刻した。」というキャッチコピーと共にボイスの姿が写し出されている。坂本龍一のコメントも到着。

坂本龍一のコメント

よけいな説明が少なく、しかも洗練されたサウンドデザインが施されていて、よいドキュメンタリーは、それ自身がアートだと思う。
今まで知らなかった、ボイスの繊細さ、傷つきやすさと真剣さ、夢想家と理性の人という両面を知ることができた。
そして「傷」というのがボイスの芸術を解く鍵ではないかということも。
資本主義が終焉を迎えている今、その先を見据えた経済・芸術を唱えたボイスの思考を知る、格好のドキュメンタリーだと思う。

作品情報

『ヨーゼフ・ボイスは挑発する』

2019年3月2日(土)からアップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺、横浜シネマリンほか全国で順次公開
監督・脚本:アンドレス・ファイエル 音楽:ウルリヒ・ロイター、ダミアン・ショル 出演: ヨーゼフ・ボイス キャロライン・ティズダル レア・トンゲス・ストリンガリス フランツ・ヨーゼフ・ヴァン・デル・グリンテン ヨハネス・シュトゥットゲン クラウス・シュテーク 配給:アップリンク
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 映画『ヨーゼフ・ボイスは挑発する』予告編公開 坂本龍一の推薦コメントも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて