しりあがり寿、会田誠、ジャルジャルらが問う「アートと笑いの境界線」

イベント『ヨコハマアートラリー アートと笑いの境界線』が2月2日に神奈川・横浜市開港記念会館で開催される。

『アートと笑いの境界線』は倉本美津留が主宰するプロジェクト。今回は3部制のイベントとなり、コントやトーク企画、アートパフォーマンスが行なわれる。

ジャルジャルが出演する『超コント』は、その場で思いついた言葉をタイトルに据えた即興コントを演じる企画。トーク企画『アートと笑いの境界線』では倉本美津留、ジャルジャル、千原徹也がホストを務めるほか、若手の現代アート作家が登壇する。倉本美津留が進行役を務める『しゃべつくり』では、しりあがり寿と会田誠による作品制作とトークが展開される。チケットは現在販売中。

主宰の倉本美津留は「この『アートと笑いの境界線』の前と後では、世界がこれまでとは違ってみえるようになることは間違いありません。どうぞ、あなたの目で確かめてください」とコメントを寄せている。

倉本美津留のコメント

アートと笑いの境界線はどこにある?その答えを求めて、笑いが生まれる場、笑いとアートが交わる場、アートが生まれる場の三つの時間を用意しました。果たして境界線の在処はつかめるのでしょうか?
それとも、そもそも境界線なんて存在しないのでしょうか?……ともあれ、この「アートと笑いの境界線」の前と後では、世界がこれまでとは違ってみえるようになることは間違いありません。どうぞ、あなたの目で確かめてください。

イベント情報

『ヨコハマアートラリー アートと笑いの境界線』

2019年2月2日(土) 会場:神奈川県 横浜市開港記念会館
『超コント』 出演: ジャルジャル 倉本美津留 定員:389名 料金:1,500円 『アートと笑いの境界線』 登壇: ジャルジャル 千原徹也 倉本美津留 ほか 定員:389名 料金:1,000円 『しゃべつくり』 出演: しりあがり寿 会田誠 倉本美津留 定員:389名 料金:1,000円 ※各回座席指定、入れ替え制
  • HOME
  • Art,Design
  • しりあがり寿、会田誠、ジャルジャルらが問う「アートと笑いの境界線」

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて