渡辺謙×ケリー・オハラ『王様と私』ロンドン公演を3日間限定で劇場上映

ミュージカル『ロンドン版「The King and I 王様と私」』が、2月22日から3日間にわたって東京・TOHOシネマズ日比谷、大阪・大阪ステーションシティシネマでプレミア上映される。

『サウンド・オブ・ミュージック』などで知られるリチャード・ロジャースの作曲と、オスカー・ハマースタイン2世の作による『王様と私』は、19世紀半ばのタイを舞台に、国王と王室の教育係として雇われたイギリス人女性アンナとの関係を描いた作品。1951年の初演以降、何度も再演が重ねられ、2015年にブロードウェイで行なわれた19年ぶりの再演では、渡辺謙が王様役、ケリー・オハラがアンナ役を演じ『第69回トニー賞』4部門受賞に輝いた。

今回上映されるのは、昨年8月にイギリス・ロンドンのパラディウム劇場で上演された「2015年版」の生中継映像を収録したもの。渡辺謙、ケリー・オハラに加えて、チャン夫人役でルーシー・アン・マイルズ、王の忠実な家臣であるクララホム首相役で大沢たかおが出演している。今回の発表とあわせてポスタービジュアルが公開。

なお7月から8月上旬には、東京・渋谷の東急シアターオーブで渡辺謙とケリー・オハラによる「2015年版」の来日公演が行なわれる。

作品情報

『ロンドン版「The King and I 王様と私」』

2019年2月22日(金)~2月24日(日) 会場:東京都 TOHOシネマズ日比谷、大阪府 大阪ステーションシティシネマ 配給:東宝東和 料金:3,000円
  • HOME
  • Stage
  • 渡辺謙×ケリー・オハラ『王様と私』ロンドン公演を3日間限定で劇場上映

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて