志賀理江子『ヒューマン・スプリング』展、3月に東京都写真美術館で開催

志賀理江子の個展『志賀理江子 ヒューマン・スプリング』が、3月5日から東京・恵比寿の東京都写真美術館で開催される。

1980年に愛知で生まれ、現在は宮城に在住している写真家の志賀理江子。2008年に写真集『Lilly』『CANARY』で『第33回木村伊兵衛写真賞』を受賞した。2011年に東日本大震災で被災しながらも作品制作を続け、2012年には宮城・仙台で個展『志賀理江子 螺旋海岸』を開催した。

現在を生きる人間の心身の衝動と反動などに焦点をあてた同展では、日本各地の様々な年代、職業の人々とともに協働して制作した新作を、等身大を超えるスケールの写真インスタレーションで構成する。会期中は志賀によるトークイベントや、参加者が拾った「ひとつの石」を持ち寄り、作家と共にその石について語り合うワークショップも開催。ワークショップは事前参加申込が必要となる。申し込み方法は東京都写真美術館のオフィシャルサイトで後日発表される。

イベント情報

『志賀理江子 ヒューマン・スプリング』

2019年3月5日(火)~5月6日(月・振休) 会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 時間:10:00~18:00、木・金曜10:00~20:00(入館は閉館時間の30分前まで) 休館日:月曜 料金:一般700円 学生600円 中高生・65歳以上500円 ※小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料、第3水曜日は65歳以上無料
『アーティストトーク』 2019年3月10日(日) 会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 1階ホール 時間:14:00~16:00(13:30開場) 定員:190名 ※当日10:00から1階総合受付で整理券を配布。番号順入場、自由席 『ワークショップ ひとつの石』 2019年3月21日(木・祝) 時間:14:30~17:30予定 定員:20名 ※事前申込制
  • HOME
  • Art,Design
  • 志賀理江子『ヒューマン・スプリング』展、3月に東京都写真美術館で開催

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて