大友良英による『いだてん』サントラ3月発売 過去作の劇伴アーカイブ集も

『大河ドラマ「いだてん」オリジナル・サウンドトラック 前編』が3月6日にリリースされる。

同作は、現在放送されている宮藤官九郎脚本のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』のサウンドトラック。大友良英による“いだてんメインテーマ / 2019年大河ドラマ メインテーマ”を含む全26曲を収録する。ジャケットには横尾忠則がデザインしたドラマのポスタービジュアルを使用。

同日3月6日には、大友良英がこれまでに手掛けた映画、ドラマの劇伴を収録した『GEKIBAN 1 -大友良英サウンドトラックアーカイブス-』も発売。『あまちゃん』『トットてれび』『その街のこども』の劇伴に加えて、資生堂「マキアージュ」のCMソング“LADY-EMBELLIE”、NHKのラジオ番組『すっぴん!』のテーマ曲など初CD化の楽曲を含む全24曲を収録する。

大友良英のコメント

『大河ドラマ「いだてん」オリジナル・サウンドトラック 前編』について
参加することに意義がある。明治時代のオリンピックよろしく、プロ中のプロから初めて楽器を手にした人まで、ありとあらゆるジャンルの音楽家総勢200人以上が、上も下もなく喧々諤々みなで作りあげた前代未聞の走り続けるサントラ、まずは前編の登場です!
『GEKIBAN 1 -大友良英サウンドトラックアーカイブス-』について
1993年の中国映画「青い凧」に始まりこれまでに100作品を超える劇伴を作ってきました。自分でも驚くくらい多種多様な音楽が生まれたのは、それだけ素敵な映画やドラマとの出会いがあったからです。そんな作品たちに感謝を込めてこのCDをみなさんにお届けしたいと思います。

リリース情報
リリース情報
  • HOME
  • Music
  • 大友良英による『いだてん』サントラ3月発売 過去作の劇伴アーカイブ集も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて