ニュース

多田淳之介演出『RE/PLAY Dance Edit』 きたまり、岩渕貞太、Aokidら出演

『RE/PLAY Dance Edit』2018年1月マニラ公演の模様 Photo by Claudia Enriquez
『RE/PLAY Dance Edit』2018年1月マニラ公演の模様 Photo by Claudia Enriquez

舞台『国際共同制作「RE/PLAY Dance Edit」東京公演』が、明日2月9日から東京・吉祥寺シアターで上演される。

『RE/PLAY Dance Edit』は、2011年の東日本大震災を受け、「繰り返せないこと」「断絶」をテーマに据えて、反復する身体を通じて再生に向かっていこうとする人間を描いた多田淳之介(東京デスロック)演出の演劇作品『再/生』のダンスバージョン。新たに「踊る/踊らない」という要素を加えたダンスバーションは、2012年に京都で初演されて以降、神奈川、シンガポール、カンボジア、フィリピンで各地のダンサーと共に上演されてきた。

7年間の集大成になるという初の東京公演には、日本からきたまり、岩渕貞太、Aokid、斉藤綾子、シンガポールからシェリダン・ニューマン、カンボジアからソポル・ソー、フィリピンからカリッサ・アデアとジョン・ポール・オルテネロの8人の選抜メンバーが出演。2月9日、10日には多田淳之介、きたまりによるアフタートークが行なわれる。チケットは現在販売中だ。

『RE/PLAY Dance Edit』2018年1月マニラ公演の模様 Photo by Claudia Enriquez
『RE/PLAY Dance Edit』2018年1月マニラ公演の模様 Photo by Claudia Enriquez
『RE/PLAY Dance Edit』2016年2月シンガポール公演の模様 Photo by LAW Kian Yan
『RE/PLAY Dance Edit』2016年2月シンガポール公演の模様 Photo by LAW Kian Yan
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』