ニュース

多田淳之介演出『RE/PLAY Dance Edit』 きたまり、岩渕貞太、Aokidら出演

『RE/PLAY Dance Edit』2018年1月マニラ公演の模様 Photo by Claudia Enriquez
『RE/PLAY Dance Edit』2018年1月マニラ公演の模様 Photo by Claudia Enriquez

舞台『国際共同制作「RE/PLAY Dance Edit」東京公演』が、明日2月9日から東京・吉祥寺シアターで上演される。

『RE/PLAY Dance Edit』は、2011年の東日本大震災を受け、「繰り返せないこと」「断絶」をテーマに据えて、反復する身体を通じて再生に向かっていこうとする人間を描いた多田淳之介(東京デスロック)演出の演劇作品『再/生』のダンスバージョン。新たに「踊る/踊らない」という要素を加えたダンスバーションは、2012年に京都で初演されて以降、神奈川、シンガポール、カンボジア、フィリピンで各地のダンサーと共に上演されてきた。

7年間の集大成になるという初の東京公演には、日本からきたまり、岩渕貞太、Aokid、斉藤綾子、シンガポールからシェリダン・ニューマン、カンボジアからソポル・ソー、フィリピンからカリッサ・アデアとジョン・ポール・オルテネロの8人の選抜メンバーが出演。2月9日、10日には多田淳之介、きたまりによるアフタートークが行なわれる。チケットは現在販売中だ。

『RE/PLAY Dance Edit』2018年1月マニラ公演の模様 Photo by Claudia Enriquez
『RE/PLAY Dance Edit』2018年1月マニラ公演の模様 Photo by Claudia Enriquez
『RE/PLAY Dance Edit』2016年2月シンガポール公演の模様 Photo by LAW Kian Yan
『RE/PLAY Dance Edit』2016年2月シンガポール公演の模様 Photo by LAW Kian Yan
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意 1

    ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意

  2. 米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア 2

    米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア

  3. 花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし 3

    花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし

  4. 『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」 4

    『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」

  5. 都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ 5

    都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ

  6. 『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント 6

    『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント

  7. 長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント 7

    長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント

  8. アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判 8

    アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判

  9. 平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ 9

    平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ

  10. スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子 10

    スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子