『ペット2』吹替声優はバナナマン設楽&日村が続投、永作博美、佐藤栞里も

アニメーション映画『ペット2』の日本語吹き替え声優が発表された。

今年夏に公開される『ペット2』は、2016年公開の映画『ペット』の続編。ペットたちの日常の裏側をユーモラスに描いた作品だ。『怪盗グルー』『ミニオンズ』『SING/シング』などを制作するイルミネーション・エンターテインメントの新作となる。原題は『The Secret Life of Pets 2』。全米公開は6月7日を予定している。

日本語吹き替え版の声優を務めるのは、前作に引き続いて、主人公マックス役の設楽統(バナナマン)、相棒デューク役の日村勇紀(バナナマン)、2匹の飼い主・ケイティ役の佐藤栞里、ペット仲間の太った猫クロエ役の永作博美。

設楽は、続投決定について「前作で吹替えを担当させて頂いて、2回目はオファー来なかったらどうしようかなって思っていたんですが、本当に嬉しいです。特に家族には自慢できますから!」とコメント。また前作のファンに向けて、「今回も期待を裏切らない内容であることは間違いないですし、おなじみのキャラクターの他にも新キャラクターもでるみたいなので、夏までちょっと時間がありますが、ぜひ期待して待っていて欲しいです!」と語っている。

作品情報

『ペット2』

2019年夏に全国公開
監督:クリス・ルノー 脚本:ブライアン・リンチ 配給:東宝東和
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『ペット2』吹替声優はバナナマン設楽&日村が続投、永作博美、佐藤栞里も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて