ニュース

『HiGH&LOW』×漫画『クローズ』『WORST』のクロスオーバー映画が10月公開

鬼邪高校 全日制キャスト 左から佐藤流司、うえきやサトシ、龍、鈴木昂秀、前田公輝、川村壱馬、吉野北人、福山康平(上)、中島健(下)、神尾楓珠 『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW」製作委員会
鬼邪高校 全日制キャスト 左から佐藤流司、うえきやサトシ、龍、鈴木昂秀、前田公輝、川村壱馬、吉野北人、福山康平(上)、中島健(下)、神尾楓珠 『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW」製作委員会

『HiGH&LOW』シリーズと漫画『クローズ』『WORST』のクロスオーバー映画『HiGH&LOW THE WORST』が、10月4日に全国公開される。

EXILE TRIBEのメンバーをはじめとするキャストが集結し、映画やドラマ、音楽、漫画など様々なメディアミックスを展開するエンタテインメントプロジェクト『HiGH&LOW』シリーズ。漫画『クローズ』『WORST』は高橋ヒロシによる作品だ。

『HiGH&LOW THE WORST』は、企画プロデュースをEXILE HIRO、監督とアクション監督を『HiGH&LOW』シリーズの久保茂昭の大内貴仁が務める。脚本は高橋ヒロシが『HiGH&LOW』シリーズのチームと共に作成。

物語の舞台は『クローズ』『WORST』に登場する戸亜留市と『HiGH&LOW』のSWORD地区が交差した世界。作中には『HiGH&LOW』シリーズの鬼邪高校と、『クローズ』『WORST』の鳳仙学園が登場する。両校が戦いを繰り広げる様を描く。

鬼邪高校のキャストには定時制の番長・村山役の山田裕貴をはじめ、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、清原翔、全日制で力を持つ轟役の前田公輝、龍(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、鈴木昂秀(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)らが名を連ねている。加えて、全日制の覇権を狙う転入生・花岡楓士雄役の川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)をはじめ、吉野北人、神尾楓珠、佐藤流司らが全日制の生徒たちを演じる。

今回の発表にあわせて、高橋ヒロシが描き下ろした新世代の鳳仙学園のビジュアルと、鬼邪高校のキャストたちを捉えたビジュアルが公開。

EXILE HIROのコメント

コラボレーションの実現について
昔から『クローズ』や『WORST』など髙橋先生の作品の世界観が大好きだったので、今回HiGH&LOWとのコラボレーションを実現できた事がとても嬉しいですし、新しいコラボレーションの在り方をエンタテインメントとして発信できたように思います!
髙橋先生にも直接、脚本作業にご協力いただき、双方のファンの皆さんが楽しめる世界観を創る事ができたので、このコラボレーションが生み出す化学反応に、是非ご期待ください。

新キャラクターとキャストについて
HiGH&LOWでも人気のある鬼邪高校ですが、村山ら今まで出てきたキャラクターに加えて、この映画を盛り上げる新しいキャラクターが多く登場します。THE RAMPAGEの(川村)壱馬や(吉野)北人は、HiGH&LOWでは初めての登場になり、新しい風を吹き込んでくれましたし、まだ明かされていない鳳仙学園のキャラクターや、今後も解禁される新キャラクター達がいますので楽しみにしていてください。

鬼邪高校について
HiGH&LOWのSWORD地区の各チームの中でも、鬼邪高校は村山を筆頭に、シリーズを通じて仲間との絆を強くし成長してきたチームですが、新たなキャラクターの登場で新世代に突入します。対する鳳仙学園は「クローズ」「WORST」でもおなじみの最強のスキンヘッド軍団ですが、まずはこの2つのチームがどんな想いを持って闘い、その先にどんな展開が生まれるのか、純粋に楽しんでいただければと思います。

高橋ヒロシのコメント

わたくし 鳳仙学園 学園長の髙橋です。
この度 鬼邪高校のHIRO校長から決闘状が届きました。
上等でございます。早速全生徒を校庭に集め、
『いいか~~おめ~ら!この鳳仙に喧嘩売ったらどうなるか!
きっちり教えたれぃ!鬼邪高踏み潰したれ~~!』と号令をかけました。
いざ、決戦です!楽しみだろ(笑)

鬼邪高校 定時制キャスト 左から陣内将、清原翔、一ノ瀬ワタル、山田裕貴、鈴木貴之、青木健 『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW」製作委員会
鬼邪高校 定時制キャスト 左から陣内将、清原翔、一ノ瀬ワタル、山田裕貴、鈴木貴之、青木健 『HiGH&LOW THE WORST』©2019「HiGH&LOW」製作委員会
新世代の鳳仙学園 髙橋ヒロシ・書き下ろし画像 ©髙橋ヒロシ
新世代の鳳仙学園 髙橋ヒロシ・書き下ろし画像 ©髙橋ヒロシ
『クローズ』 ©髙橋ヒロシ(秋田書店)1991
『クローズ』 ©髙橋ヒロシ(秋田書店)1991
『WORST』 ©髙橋ヒロシ(秋田書店)2002
『WORST』 ©髙橋ヒロシ(秋田書店)2002
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開