ニュース

『3月女性史月間特集』でA・ヴァルダ作品や日本初公開のフェミニズム映画

『五時から七時までのクレオ』/Cléo de 5 à 7 
©agnes varda et enfants 1994
『五時から七時までのクレオ』/Cléo de 5 à 7 ©agnes varda et enfants 1994

特集上映『3月女性史月間特集 Kawasaki FEMINIST FILM MONTH』が本日3月2日から神奈川・川崎市市民ミュージアム 1F映像ホールで開催される。

同特集は、ジェンダー間の平等と、女性の権利や地位向上のために1975年に制定された3月8日の「国際女性デー」を祝して行なわれる上映企画。映画史においてより豊かな映画表現を追求してきた女性作家の作品を3つの特集に分けて上映する。

第1特集は、前衛芸術の系譜を継承しつつ、ダンスや文化人類学的関心から映像における身体表現を追求したマヤ・デレンにフォーカス。デレンの全映画作品と彼女の人生を紐解くドキュメンタリーが上映される。

第2特集はリジー・ボーデン、イヴォンヌ・レイナーの2人に焦点を当てる「アメリカ・インディペンデント映画特集」。ニューヨークでゲリラ的に撮影を行なって5年の歳月をかけて完成させたボーデンの『ボーン・イン・フレイムズ』と、レイナーが監督を務めた『特権』が紹介される。『ボーン・イン・フレイムズ』は日本初上映となり、3月17日の上映後には『フェミニズム映画講座』が開講される。

また第3特集ではアニエス・ヴァルダを取り上げる。上映作品には『5時から7時までのクレオ』『幸福(しあわせ)』『ジャック・ドゥミの少年期』の3作品がラインナップしている。

上映スケジュールなどの詳細は川崎市市民ミュージアムのオフィシャルサイトで確認しよう。

『午後の網目』©Re:Voir Video
『午後の網目』©Re:Voir Video
『鏡の中のマヤ・デレン』/In the Mirror of Maya Deren ©2001 Navigator Film
『鏡の中のマヤ・デレン』/In the Mirror of Maya Deren ©2001 Navigator Film
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開