北斎ゆかりの地で新映画祭『小布施短編映画祭』初開催、外山文治監督特集も

『小布施短編映画祭』が、3月9日と3月10日に長野県・小布施町北斎ホールと小布施町公民館で開催される。

長野県北部に位置し、葛飾北斎がたびたび訪れたことでも知られる小布施町を舞台に、初開催される『小布施短編映画祭』。事前に応募された作品の中から、映像美や世界観の優れた作品を選ぶ「コシナ賞」、時代の一歩先を見据えて制作された作品を選ぶ「小布施賞」、小布施町の住民らが心に響いた作品を選ぶ「一般審査員賞」の3つの部門でノミネートした映画が上映される。「小布施賞」の審査員には関和亮も参加している。

上映作品は「コシナ賞」にノミネートされた『いきうつし』『漂流ポスト』『つくるということ』、小布施賞にノミネートされた『RICE BALL』『夜間飛行』『親友がいない』、一般審査員賞にノミネートされた『なみぎわ』『神山アローン』『声』の9作品。また特別上映企画として外山文治監督の特集上映も開催される。詳細はイベントのオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『小布施短編映画祭』

2019年3月9日(土)、3月10日(日) 会場:長野県 小布施町北斎ホール、小布施町公民館
上映作品: 『いきうつし』(監督:田中晴菜) 『漂流ポスト』(監督:清水健斗) 『つくるということ』(監督:矢野数馬) 『RICE BALL』(監督:大石結介) 『夜間飛行』(監督:三宅美奈子) 『親友がいない』(監督:太田真博) 『なみぎわ』(監督:常間地裕) 『神山アローン』(監督:長岡マイル) 『声』(監督:串田壮史) 『春なれや』(監督:外山文治) 『わさび』(監督:外山文治) 『此の岸のこと』(監督:外山文治) 料金:1日券1,500円 2日券2,500円 特別賛助者招待券5,000円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 北斎ゆかりの地で新映画祭『小布施短編映画祭』初開催、外山文治監督特集も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて