元どついたるねんDaBassがCoffに改名、ソロAL『Tiny Music』4月発売

Coffの1stアルバム『Tiny Music』が4月17日にリリースされる。

1991年生まれのCoffは岐阜出身のミュージシャン。2012年にDaBass名義でどついたるねんにベーシストとして加入し、“such a sweet lady”“アメリカ”“Freedom”といった楽曲を手掛けた。2018年に「自身の音楽を追求したい」という理由から同バンドを脱退し、今回新たに「Coff」として始動した。

Coff名義では初のアルバムとなる『Tiny Music』は全9曲を収録。ゲストミュージシャンとして松村拓海(1983)、シマダボーイ(テクノウルフ、RHYTHM BILLGATES、フルフェイス)が参加している。マスタリングは中村宗一郎が担当した。

発表とあわせて収録曲“Society”のPVが公開。ディレクターはミツメやVaVaなどのPVを手掛けている仲原達彦が務めた。

リリース情報

Coff
『Tiny Music』

2019年4月17日(水)発売 価格:2,399円(税込) VALYV-1001
1. Society 2. Friendship 3. Run 4. With Love 5. Audio Touch 6. Sun 7. 流星 8. Miss Missy 9. ものもらい
  • HOME
  • Music
  • 元どついたるねんDaBassがCoffに改名、ソロAL『Tiny Music』4月発売

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて