『アート369フェスティバル』那須塩原で開催、川島小鳥、金氏徹平ら参加

アートイベント『アート369フェスティバル』が、本日3月16日から栃木・那須塩原の黒磯駅の周辺店舗で開催されている。

黒磯駅前から板室温泉までの県道369号・板室街道を「ART369」として、アートで地域を盛り上げる那須塩原市のプロジェクト「ART369プロジェクト」の一環として実施する同イベント。黒磯駅周辺のカフェやショップを会場に、アーティストが作品展示やワークショップを行なう。『アート369フェスティバル』の開催は今回が初。テーマは「その先の風景」で、すべての参加者が同イベントをきっかけに新しい風景を見つけることを目指しているという。企画、運営は美術出版社。

参加作家は、川島小鳥、惣田紗希、金氏徹平、今井麗、後藤武浩、中島佑太。ワークショップでは、中島佑太と共に旅に必要なものなどを作ることができる。日程などの詳細はイベントの特設サイトで確認しよう。

イベント情報

『アート369フェスティバル』

2019年3月16日(土)~3月24日(日) 会場:栃木県 那須塩原 KANEL BREAD、Iris bread & coffee、カネルブレッドギャラリー、salon Chiune、トナリギャラリー、Dear, Folks & Flowers
出展作家: 川島小鳥 惣田紗希 金氏徹平 今井麗 後藤武浩 中島佑太
  • HOME
  • Art,Design
  • 『アート369フェスティバル』那須塩原で開催、川島小鳥、金氏徹平ら参加

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて