ニュース

宇宙Six・山本亮太&原嘉孝W主演で舞台『桃山ビート・トライブ』6月に再演

左から山本亮太、原嘉孝 EX THEATER ROPPONGI前にて ©天野純希/集英社 ©「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」製作委員会(テレビ朝日ミュージック/ローソンエンタテインメント)
左から山本亮太、原嘉孝 EX THEATER ROPPONGI前にて ©天野純希/集英社 ©「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」製作委員会(テレビ朝日ミュージック/ローソンエンタテインメント)

舞台『桃山ビート・トライブ~再び、傾かん~』が、6月14日から京都・京都劇場、6月21日から東京・EX THEATER ROPPONGIで上演される。

同公演は、『第20回小説すばる新人賞』を受賞した天野純希の小説『桃山ビート・トライブ』を原作に2017年に『もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ』の第5弾として上演された『桃山ビート・トライブ』の再演。安土桃山時代を舞台に4人の若者が音楽を武器に豊臣秀吉に立ち向かう様を描く。今回は、新たなシーンと新たな楽曲によるパフォーマンスで上演。

初演に引き続き、驚くべき速さで三味線を弾きこなす藤次郎役に山本亮太(宇宙Six、ジャニーズJr.)、笛役者・小平太役に舞台初主演となる原嘉孝(宇宙Six、ジャニーズJr.)がキャスティング。山本と原のダブル主演となる。

さらに喧嘩の強い天性の舞姫・ちほ役をElina、織田信長の従者だった黒人の太鼓叩き・弥介役を副島淳が演じるほか、冨岡健翔(MADE、ジャニーズJr.)、奥谷知弘、寿里、久下恵美、本間剛、武智健二、石井智也、八神蓮、佐野瑞樹、星野真里、山崎樹範が共演。

山本は「再演が決まったと聞いて、全く予想してなかったので驚きでした。さらに、京都が舞台の物語を初めて京都で公演できることが本当に嬉しいです」、原は「主演はカンパニーを引っ張らなければいけないので、まわりのキャストやスタッフ皆さんの力を借りて、自分が出せる力を出し切って、良い作品にしたいと思っています」とそれぞれコメントを寄せている。チケットの一般販売は5月11日12:00からスタート。

山本亮太(宇宙Six、ジャニーズJr.)のコメント

再演が決まったと聞いて、全く予想してなかったので驚きでした。さらに、京都が舞台の物語を初めて京都で公演できることが本当に嬉しいです。また、4人の一座と再会できることは幸せなことだし、(宇宙Six)グループとは違う、もう一つの家族だと思っているので、この4人で「桃山ビート・トライブ」を届けられる喜びが身に染みています。NEW「桃山ビート・トライブ」を気合いと根性でやりぬきたいと思っています。

原嘉孝(宇宙Six、ジャニーズJr.)のコメント

主演はカンパニーを引っ張らなければいけないので、まわりのキャストやスタッフ皆さんの力を借りて、自分が出せる力を出し切って、良い作品にしたいと思っています。そして、初主演をやれることはとても光栄なことですし、「桃山ビート・トライブ」を通して成長した自分をお見せ出来るように全力で頑張りたいです。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開