内田理央主演ドラマ『向かいのバズる家族』主題歌はきゃりーぱみゅぱみゅ

ドラマ『向かいのバズる家族』の主題歌にきゃりーぱみゅぱみゅの新曲“きみがいいねくれたら”が起用されることがわかった。

4月4日から読売テレビ、日本テレビ系で放送される『向かいのバズる家族』は、内田理央演じるカフェ店員の篝あかりを中心に、SNSに翻弄される家族の姿を描いた作品。内田に加えて出演者には、白洲迅、木下隆行(TKO)、小野武彦、高岡早紀が名を連ねる。脚本はマギー、監督は映画『デイアンドナイト』の藤井道人ら。

ドラマのために中田ヤスタカが書き下ろした“きみがいいねくれたら”は、5月に配信リリース予定。3月21日放送の特番『体感!奇跡のリアルタイム』内の番宣で初公開される予定だ。

きゃりーぱみゅぱみゅは「今回『向かいのバズる家族』というSNSを題材にしたドラマの主題歌を担当させて頂けて、とても嬉しいです!常にSNSを通して自分を発信してきた私にとって、『きみがいいねくれたら』という楽曲が自分にピッタリだし、ドラマにもピッタリ。歌っていてすごく気持ちがいいです。是非、ドラマと一緒に私の楽曲も楽しんでください!」とコメントを寄せている。

番組情報

『向かいのバズる家族』

2019年4月4日(木)から毎週木曜23:59~24:54に読売テレビ、日本テレビ系で放送
監督:藤井道人ほか 脚本:マギー 主題歌:きゃりーぱみゅぱみゅ“きみがいいねくれたら” 出演: 内田理央 白洲迅 木下隆行(TKO) 那智 小川紗良 永野宗典 山中崇 藤井武美 小野武彦 高岡早紀
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 内田理央主演ドラマ『向かいのバズる家族』主題歌はきゃりーぱみゅぱみゅ

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて