ニュース

『第37回向田邦子賞』に野木亜紀子、受賞作は『獣になれない私たち』

東京ニュース通信社が主催する脚本賞『第37回向田邦子賞』の受賞者が発表された。

『第37回向田邦子賞』に輝いたのは野木亜紀子。受賞作は、昨年10月から12月に放送された『獣になれない私たち』となる。

授賞理由は、「『人間は進化の過程で色々なものを失った……』という劇中のセリフに象徴されるように、笑顔の裏で心をすり減らして生きる主人公と、誰も信用していない公認会計士の男の、恋かもしれないラブストーリー。タイトルが意味する『獣になれない……』というメッセージでもある。現代人が抱えるこの思いを、大人テイストで面白く生き生きと描いている。作者のこれまでの作品に観られた筆力が一味違うジャンルで発揮された」と説明されている。

選考委員は池端俊策、冨川元文、大石静、岡田惠和、井上由美子。池端俊策はスケジュールの都合により今回は選考に参加しなかった。贈賞式は5月28日に開催。本賞の特製万年筆および副賞300万円が贈られる。

野木亜紀子は1974年生まれ、東京出身。2010年に『さよならロビンソンクルーソー』で『第22回フジテレビヤングシナリオ大賞』を受賞して脚本家デビュー。これまでに手掛けたドラマは『アンナチュラル』『逃げるは恥だが役に立つ』『重版出来!』『フェイクニュース』『掟上今日子の備忘録』『空飛ぶ広報室』『図書館戦争 BOOK OF MEMORIES』など。

野木亜紀子 ©東京ニュース通信社
野木亜紀子 ©東京ニュース通信社
野木亜紀子 ©東京ニュース通信社
野木亜紀子 ©東京ニュース通信社
『第37回向田邦子賞』発表の模様 ©東京ニュース通信社
『第37回向田邦子賞』発表の模様 ©東京ニュース通信社
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも 1

    桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも

  2. 女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催 2

    女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催

  3. 『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM 3

    『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM

  4. 乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開 4

    乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開

  5. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 5

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  6. 『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ 6

    『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ

  7. 『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着 7

    『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着

  8. 田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら 8

    田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら

  9. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 9

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  10. 吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も 10

    吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も