ニュース

小畑健の画業30周年展キービジュアル公開 原画など約500点展示

7月13日から東京・秋葉原の3331 Arts Chiyodaで開催される小畑健の展覧会の正式タイトルとキービジュアルが公開された。

1989年に『CYBORGじいちゃんG』でデビューし、『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』などの作画でも知られる漫画家の小畑健。画業30周年を記念する展覧会のタイトルは『画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE』となり、1万5千枚を超えるアーカイブの中から選ばれた約500点の資料や原画が展示される。

会場は「Manga」「Illustration」「Never Complete」の3パートから構成され、『ヒカルの碁』『DEATH NOTE』『バクマン。』のストーリーを象徴する場面や、作画技術がより際立つシーンの原稿、漫画作品の扉ページや単行本カバーなどのカラー作品、デジタル作画を取り入れ、精密描写で作り上げる最新作『プラチナエンド』の展示などが並ぶ。キービジュアルとして描き下ろされたイラスト3点も、完全色彩が施された全図で展示される。また会場では記念グッズも販売予定。

公開されたキービジュアルは、ラフ、ペン入れ、彩色という作画のステップをイメージし、3点の描き下ろしイラストを組み合わせたもの。タイトルの「NEVER COMPLETE」という言葉には、「全ての絵は決して自身にとっての完成形ではない。目指したい表現はまだまだ描く先にある」という小畑の思いが込められているという。

4月13日12:00から通常チケットに加え、数量限定の3種の特別チケットを販売。会期初日の7月13日の入場には初日限定券が必要となる。また、特典セット券ではオリジナルのマグネットが入手でき、図録セット券の購入者は会期中に開催される小畑のサイン会に応募することができる。詳細は、同展の特設サイトから確認しよう。

なお展覧会の全容は本日4月4日発売の『ジャンプスクエア5月号』でも紹介されている。

『画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE』キービジュアル ©ほったゆみ・小畑健/集英社 ©大場つぐみ・小畑健/集英社
『画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE』キービジュアル ©ほったゆみ・小畑健/集英社 ©大場つぐみ・小畑健/集英社
『画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE』特典セット券と引き換え可能なマグネット ©ほったゆみ・小畑健/集英社 ©大場つぐみ・小畑健/集英社
『画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE』特典セット券と引き換え可能なマグネット ©ほったゆみ・小畑健/集英社 ©大場つぐみ・小畑健/集英社
『画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE』ZONE1「Manga」イメージビジュアル 主催者提供
『画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE』ZONE1「Manga」イメージビジュアル 主催者提供
『画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE』ZONE2「Illustration」イメージビジュアル 主催者提供
『画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE』ZONE2「Illustration」イメージビジュアル 主催者提供
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開