大森靖子率いるZOC、デビューCD『family name』平成最後の日に全国リリース

ZOCのデビューCD『family name』が4月30日にリリースされる。

大森靖子を中心として2018年に結成されたZOC。大森に加えて、藍染カレン、戦慄かなの、香椎かてぃ、西井万理那、兎凪さやかで構成される。

タワーレコードが運営するアイドル専門レーベル「T-Palette Records」からリリースされる『family name』には、大森の作詞作曲によるタイトル曲と“チュープリ”を収録。“family name”にはピエール中野(凛として時雨)がドラムで参加しているほか、“チュープリ”のアレンジとプログラミングはサクライケンタが手掛けた。

大森靖子のコメント

結成から半年、いよいよZOC名義で初のシングルを発売できることとなりました。メンバーの情熱も焦燥も、諦念すらとても眩しいもので、歳をとればとるほど一年は短く感じるようになるといいますが、私の共犯者としての半年は輝いて質量のある尊いものになったのだから、めちゃくちゃなメンバーばかりだけど、私にとってやっぱり一等のアイドルだなと感じています。この時代の空気と彼女達の無感情と極彩色が振り切れるその感じを、今リリースして共有したいと思い、緊急リリースという形にさせていただきました。family name、チュープリの二曲ともメンバーそのまんまの曲、圧のある可愛さかっこよさ潔さを楽しんでいただける仕上がりになっています。

リリース情報

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • 大森靖子率いるZOC、デビューCD『family name』平成最後の日に全国リリース

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて