成田凌が岸井ゆきのの口元に「追いケチャップ」、『愛がなんだ』本編映像

今泉力哉監督の映画『愛がなんだ』の本編映像が公開された。

4月19日から公開される同作は、角田光代の同名小説が原作。一目惚れしたマモルを一途に追いかけ、自分の時間を全てマモルに捧げるも、都合のいい女だと思われていることを自覚している28歳のOL・テルコと、彼女を取り巻く様々な人物を描く恋愛群像劇だ。テルコ役を岸井ゆきの、マモル役を成田凌が演じる。

公開されたのは、テルコとマモルがくっつきながら料理をする中、つまみ食いした料理を頬張ったテルコの口元に、マモルが「追いケチャップ」とケチャップを食べさせるシーン。同シーンについて今泉監督は「テルコが普通に惚れそうになる空気を成田さんは出しくれてましたね。『追いケチャップ』とか……。あれに関してはマモちゃんじゃなく、成田凌ですが。成田凌が出ちゃってる。もちろん脚本にはないセリフだし、あんなことはモテる人にしか言えないでしょう?(笑)音楽を足したら意外と馴染んじゃいましたけど、最初に『追いケチャップ』を見た衝撃ったらなかった(笑)。追いケチャップ、流行るといいなぁ」と明かしている。

作品情報

『愛がなんだ』

2019年4月19日(金)からテアトル新宿ほか全国で公開
監督:今泉力哉 脚本:澤井香織、今泉力哉 原作:角田光代『愛がなんだ』(角川文庫) 主題歌:Homecomings“Cakes” 出演: 岸井ゆきの 成田凌 深川麻衣 若葉竜也 片岡礼子 筒井真理子 江口のりこ 配給:エレファントハウス
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 成田凌が岸井ゆきのの口元に「追いケチャップ」、『愛がなんだ』本編映像

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて