ニュース

岡田健史ドラマ初主演『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』夏放送

FBS福岡放送開局50周年記念ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』が7月19日に放送される。

テレビドラマ『今日から俺は!!』のプロデューサーが企画プロデュースする同番組は、ウェブ漫画サイト「マンガクロス」で連載されている新島秋一の同名漫画を原作とするもの。東京で暮らす男子高校生・東京と、博多から転校してきた幼なじみ・博多乃どん子の恋模様を描く。

東京役にドラマ初主演となる岡田健史、博多弁と「博多愛」で東京を巻き込むどん子役に福田愛依がキャスティング。福岡出身の岡田は「この作品で、福岡ならではの言葉の言い回し、方言、食べ物などを見てクスっと笑ったり、学生時代の甘酸っぱさを感じていただけたら幸いです」、同じく福岡出身の福田は「私は本当に地元の福岡が大好きなので、博多弁女子のどん子ちゃんを演じるチャンスを頂けて、とてもワクワクしています!!」とそれぞれコメントを寄せている。

岡田健史のコメント

この度、東京(あずまみやこ)役をやらせていただきます。
「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」は生まれ故郷の福岡が舞台であり、福岡の魅力が詰まった作品になると思います。
福岡の人間であり、福岡に対する愛がある私が、こんなにも早く、故郷・福岡の作品に携わることが出来るとなり本当に嬉しく思います。
この作品で、福岡ならではの言葉の言い回し、方言、食べ物などを見てクスっと笑ったり、学生時代の甘酸っぱさを感じていただけたら幸いです。
是非、ご覧ください。

福田愛依のコメント

ドラマの件を聞いた時、嬉しさのあまり言葉が出ず…涙がこみ上げてきました!
私は本当に地元の福岡が大好きなので、博多弁女子のどん子ちゃんを演じるチャンスを頂けて、とてもワクワクしています!!
福岡には美味しい食べ物もたくさんあるので、見てくださる方に福岡の魅力をたっぷりお伝えするだけでなく、元気もお届けできるように、どん子ちゃんを精一杯演じさせて頂きます!!

新島秋一のコメント

自分の作品が実写になるイメージがなかったので、お話をいただいた時は正直驚きました。
でも今は、岡田健史さんと福田愛依さんという魅力的な福岡出身のお二人が、京&どん子に新たな息吹を与えてくれることに、とてもワクワクしています。
このドラマで、博多弁の女の子のかわいさと、福岡の魅力を改めて多くの人に感じてもらえたら嬉しいです!

戸高昭二(FBS福岡放送)のコメント

今回、新島先生の原作を開局50周年記念としてドラマ化できることを大変嬉しく思っています。福岡はもとより、各地に住む福岡県出身者にも大いに共感していただける作品になると思います。
ドラマを通して博多弁、博多っ子の魅力を日本全国に伝えていければ幸いです。

高明希(日テレアックスオン)プロデューサーのコメント

「今日から俺は!!」をやる時に、オーディションも含め、若いフレッシュな俳優に沢山お会いしました。その中で、岡田くんはとても気になる存在でした。できることなら中学聖日記の前に今日俺に出てほしかった(笑)愛依ちゃんは笑顔がどん子そのものでした。
関東生まれの私にとって、“漢気あるけどシャイな福岡男子”や、“方言がかわいい福岡女子”はツボです。その全部が詰まった原作をフレッシュな俳優たちが演じます。
日本全国で“博多キュン”してもらえたら幸いです。

岡田健史
岡田健史
福田愛依
福田愛依
『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』1巻表紙 ©新島秋一(秋田書店)2016
『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』1巻表紙 ©新島秋一(秋田書店)2016
『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』 ©新島秋一(秋田書店)2016
『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』 ©新島秋一(秋田書店)2016
画像を拡大する(4枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察