宝石商キアヌが露マフィアと女性に翻弄、映画『ブルー・ダイヤモンド』

映画『ブルー・ダイヤモンド』が今夏に東京・新宿バルト9ほか全国で公開される。

キアヌ・リーブスが主人公のアメリカ人宝石商ルーカス・ヒル役を演じる同作は、ロシア・シベリアを舞台に、希少なブルーダイヤモンドを求めてマフィアと駆け引きする様子や、刹那の恋を描いた作品。リーブスは劇中でロシア語を披露しているという。原題は『SIBERIA』。

メガホンを取ったのはマシュー・ロス。脚本はスコット・B・スミス、音楽はダニー・ベンジー、ソーンダー・ジュリアーンズが手掛けた。共演者はアナ・ウラル、パシャ・D・リチニコフ、ユージン・リピンスキ。

作品情報

『ブルー・ダイヤモンド』

2019年夏に新宿バルト9ほか全国で公開
監督:マシュー・ロス 脚本:スコット・B・スミス 音楽:ダニー・ベンジー、ソーンダー・ジュリアーンズ 出演: キアヌ・リーブス アナ・ウラル パシャ・D・リチニコフ ユージン・リピンスキ 上映時間:105分 配給:クロックワークス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 宝石商キアヌが露マフィアと女性に翻弄、映画『ブルー・ダイヤモンド』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて