「体験のデザイン」としてのVRを学ぶ「NEWVIEW SCHOOL」東京&京都で開講

「NEWVIEW SCHOOL」が6月に東京と京都で開講する。

NEWVIEW SCHOOLは、VRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を提供するPsychic VR Lab、パルコ、ロフトワークによる共同企画『NEWVIEW PROJECT 2019』の第1弾。「『体験のデザイン』としての総合芸術=VRを学ぶ。あたらしい表現の学校」をキャッチコピーに、アート、音楽、建築、ファッションなど多彩な分野からデジタル技術を取り入れた作品を発表している講師陣を迎え、次世代のクリエイターを育成していく。受講生は、卒業制作としてVRコンテンツアワード『NEWVIEW AWARDS 2019』への応募作品を制作。

東京会場の講師陣は倉本美津留、大月壮、豊田啓介(noiz)、谷口暁彦、京都会場の講師陣は中田拓馬(CEKAI)、千合洋輔(CEKAI)、ゲスト講師陣は菅俊一、evala、長見佳祐(HATRA)ら。倉本、大月壮、谷口は『NEWVIEW AWARDS 2019』の審査員を兼任する。受講方法などの詳細はNEWVIEW SCHOOLの特設サイトで確認しよう。

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 「体験のデザイン」としてのVRを学ぶ「NEWVIEW SCHOOL」東京&京都で開講

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて