ニュース

小谷元彦展『Tulpa -Here is me』 「自身の姿」に挑む新作の人体像展示

左から小谷元彦『Tulpa - Starfish girl』 Detail, 2019、『Tulpa - Honeycomb man』Detail, 2019 ©Motohiko Odani
左から小谷元彦『Tulpa - Starfish girl』 Detail, 2019、『Tulpa - Honeycomb man』Detail, 2019 ©Motohiko Odani

小谷元彦の個展『Tulpa -Here is me』が東京・天王洲アイルのANOMALYで5月25日まで開催されている。

彫刻をはじめ、写真、ビデオ、インスタレーションなどメディアを限定しない多彩な表現方法で制作を続ける京都出身のアーティスト・小谷元彦。2003年には『ヴェネチア・ビエンナーレ』に日本代表作家として参加したほか、2010年に東京・六本木の森美術館で個展『幽体の知覚』を開催した。

『Tulpa -Here is me』展ではセルフポートレートに挑んだ新作を展示。発表される人体像は全て小谷自身の頭部を他者に重ねたり、動植物と融合させたりして形作られている。小谷は2017年に心筋梗塞に倒れたことが、それまで自身が主題としてきた「身体」を省みる大きな機会になったという。自身の心臓の半分の筋肉が壊死するもその「失われた身体と、残された身体」の狭間で現実的に生きていくことと、同様のテーマで制作を続けることのリンクの中で今回の作品が出来上がった。

タイトルの「Tulpa」は化身、思念形態という意味で名付けられた。また、展覧会タイトルでもある「Here is me」は、マルセル・デュシャンの『Here is Rose Selavy』という作品からヒントを得て命名されている。

小谷元彦のコメント

古く彫刻という芸術は、人間の生と死の境界で発展し必要とされた。
個人的なことだが、約1年半前に救急搬送され、死の淵を体験してしまった。その時、生と死の狭間の時間からパラレルに存在する自分が見えた。無事退院し、スタジオに帰還してからも、私は自らを様々な姿に変容させながら、その境界を彷徨っている気がした。この世とあの世を交信したこの体験を作品へスライドさせ、自分の姿を素材にすれば、彫刻の根源的な場所に近づけるかもしれないと体調の回復と共に感じ始めた。もしかすると遺作になってしまう彫刻群だったが、彫刻というメディアが持っていた本質である「再生と復活」の物語は、これらを使えば出力出来るのではないかと。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡