ニュース

シム・ウンギョン×松坂桃李W主演 権力と報道の裏側描く『新聞記者』予告

映画『新聞記者』のポスタービジュアルと予告編が公開された。

ポスタービジュアルは、シム・ウンギョン演じる新聞記者・吉岡と、松坂桃李演じる官僚・杉原が国会議事堂を背にそれぞれ違う方向を向いて立ち並ぶ様子を捉えたもの。「内閣官房 VS 女性記者」というコピーが記されている。

予告編では「まさかまた官邸の圧力?」というセリフや新聞社内の様子、「これも国を守る大事な仕事だ」と上司に不本意な命令をされる杉原の姿、男性が建物の屋上から飛び降りるシーン、涙を流す吉岡の姿、杉原と吉岡が見つめ合う場面などが確認できる。また本田翼、岡山天音、高橋和也、西田尚美、北村有起哉、田中哲司らも登場している。

なお4月26日から同作の前売券が販売開始。シム・ウンギョンと松坂桃李のツーショットと、それぞれのワンショットを写した3枚組ポストカードが特典として付属する。

6月28日から公開される同作は、東京新聞記者・望月衣塑子のベストセラー『新聞記者』を原案にした作品。政権が隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者と、理想に燃える公務員の道を選んだ若手エリート官僚の対峙や葛藤をオリジナルストーリーで描く。予告編でも使用されている主題歌は、OAUの“Where have you gone”。

『新聞記者』ポスタービジュアル ©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
『新聞記者』ポスタービジュアル ©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
『新聞記者』 ©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
『新聞記者』 ©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
『新聞記者』 ©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
『新聞記者』 ©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
『新聞記者』 ©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
『新聞記者』 ©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
『新聞記者』 ©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
『新聞記者』 ©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施