板尾創路が松本穂香の「父」から「母」へ 映画『おいしい家族』特報

映画『おいしい家族』の特報とビジュアルが公開された。

9月20日から公開される同作は、ふくだももこ監督の短編映画『父の結婚』を長編映画化したもの。妻を亡くした父親が再婚するまでの親子を描いた『父の結婚』の舞台を離島に移して、主人公・橙花が様々な価値観や個性を持った人に出会うことで、次第に自分らしく生きることの大切さに気づいていく様を描く。東京で働く橙花役に松本穂香、橙花の父で母の服を着て生活している青治役に板尾創路、青治のパートナーでお調子者の居候・和生役に浜野謙太がキャスティング。

特報では、久々に実家に帰った橙花が青治から「父さん、母さんになろうと思う。母さんて呼んでもいいぞ」と告白されるシーンや、花嫁衣裳の青治と紋付き袴姿の和生が島の人々から祝福されながら海辺を歩き、笑顔で手を振る様子などが確認できるほか、ビジュアルには「実家に帰ると、父が母になっていました。」というコピーと共に橙花、青治、和生、笠松将演じる橙花の弟・翠、モトーラ世理奈演じる和生の連れ子・ダリアらの姿が写し出されている。特報およびビジュアルは本日4月26日から上映劇場に掲出予定。

作品情報

『おいしい家族』

2019年9月20日(金)から全国公開
監督・脚本:ふくだももこ 音楽:本多俊之 出演: 松本穂香 浜野謙太 板尾創路 笠松将 モトーラ世理奈 三河悠冴 栁俊太郎 配給:日活
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 板尾創路が松本穂香の「父」から「母」へ 映画『おいしい家族』特報

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて