國本怜の初ソロEP『AMANE - EP』配信、Akiko NakayamaによるPV公開

國本怜のEP『AMANE - EP』が、本日5月16日に配信リリースされた。

小袋成彬とのユニット「N.O.R.K.」解散後、インスタレーション作品のための楽曲や独自開発されたスピーカーシステムを使用したアート作品などを発表してきた國本怜。現在はアメリカ・ニューヨークを拠点に活動し、清水靖晃のヨーロッパツアーには清水とのデュオ編成でサウンドプログラミング、キーボード演奏を担当した。

『AMANE - EP』は國本にとって初のソロEP。水や呼吸、金属といった音の現象、環境に向き合い、人間と人間ではないものの対峙によって生まれた作品とのこと。ゲストミュージシャンには坂本龍一の作品にも参加した笙奏者・東野珠実が名を連ねている。ミックスはzAkが手掛けた。リリースは同時に設立されたレーベル「AMANE」から。

あわせて収録曲“shizuku #1”のPVが公開。映像制作とアートワークはAkiko Nakayamaが手掛けている。

リリース情報
  • HOME
  • Music
  • 國本怜の初ソロEP『AMANE - EP』配信、Akiko NakayamaによるPV公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて