北アイルランド「GOOD VIBRATIONS」創設者の実話映画、ビジュアル公開

映画『グッド・ヴァイブレーションズ』の日本限定メインビジュアルが公開された。

2013年にイギリスで公開された同作は、1970年代にTHE UNDERTONES、RUDI、THE OUTCASTS、PROTEXといったバンドを世に送り出した北アイルランドのレコード店およびレコードレーベル「GOOD VIBRATIONS」の創設者で、「ベルファスト・パンクのゴッドファーザー」と呼ばれるテリー・フーリーの実話をもとに、その半生を描いた作品。日本での公開は、昨年に自主上映企画『アイルランド映画が描く「真摯な痛み」』で上映されたことがきっかけになったという。公開は8月3日。

武田明徳(VOX)が手掛けた日本限定のメインビジュアルには「自由をつかむんだ! この魂は、決して“金”には渡さない。」というコピーと共に、右手にマイクを握り締めたテリー・フーリーが左拳を突き上げる様子や、THE UNDERTONESの楽曲“TEENAGE KICKS”の歌い出しの「ARE TEENAGE DREAMS SO HARD TO BEAT?」という1節、銃弾の痕などが写し出されている。

作品情報

『グッド・ヴァイブレーションズ』

2019年8月3日(土)から新宿シネマカリテほかで公開
監督:リサ・バロス・ディーサ、グレン・レイバーン 脚本:コリン・カーベリー、グレン・パターソン 出演: リチャード・ドーマー ジョディ・ウィテカー マイケル・コーガン カール・ジョンソン リアム・カニンガム エイドリアン・ダンバー ディラン・モーラン ほか 上映時間:103分 配給:SPACE SHOWER FILMS

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 北アイルランド「GOOD VIBRATIONS」創設者の実話映画、ビジュアル公開

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて