植本一子の新刊『台風一過』、夫ECD死後の日々を記録 トークイベントも

植本一子の著書『台風一過』が、5月28日に刊行される。

1984年生まれ、広島出身の写真家・植本一子。昨年に57歳で死去したラッパーのECDの妻であり、『働けECD 私の育児混沌記』『かなわない』『家族最後の日』『フェルメール』といった著書、ECDとの共著『ホームシック 生活(2~3人分)』も発表している。

『台風一過』は、ECDの死後である2018年2月から、ECDの一周忌を迎えた今年1月までの日々を文章で記録したもの。植本が撮影した写真も収録されている。

同書の刊行を記念するトークイベントが6月2日に東京・青山ブックセンター本店、7月10日に東京・代官山蔦屋書店で開催。6月2日はトミヤマユキコ、7月10日はマヒトゥ・ザ・ピーポーをゲストに迎える。

書籍情報
イベント情報

『植本一子『台風一過』刊行記念 植本一子 × トミヤマユキコ トークイベント「自分自身として生きること 自分たちの家族をつくること」』

2019年6月2日(日) 会場:東京都 青山ブックセンター本店 大教室
出演: 植本一子 トミヤマユキコ 定員:110名 料金:1,500円(税込)
イベント情報

『銀河で一番静かな革命』『台風一過』刊行記念
『マヒトゥ・ザ・ピーポー×植本一子トークイベント「<生活>と<孤独>について」』

2019年7月10日(水) 会場:東京都 代官山蔦屋書店3号館 2階 音楽フロア
出演: 植本一子 マヒトゥ・ザ・ピーポー 料金:1,000円
  • HOME
  • Book
  • 植本一子の新刊『台風一過』、夫ECD死後の日々を記録 トークイベントも

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて