ニュース

赤松音呂『Meteon』展 気化熱の原理用いた新作インスタレーションなど発表

赤松音呂『Meteon』(部分) 2019 ガラス、アクリル樹脂、石など ©AKAMATSU Nelo / Courtesy Mizuma Art Gallery
赤松音呂『Meteon』(部分) 2019 ガラス、アクリル樹脂、石など ©AKAMATSU Nelo / Courtesy Mizuma Art Gallery

赤松音呂展『Meteon』が、5月29日から東京・市ヶ谷のミヅマアートギャラリーで開催される。

赤松音呂は神奈川在住のアーティスト。2005年に東京藝術大学大学院先端芸術表現科を修了した。インスタレーションや映像、立体など多様なメディアを用いて制作を行ない、国内外の展覧会で発表している。2015年に『アルス・エレクトロニカ』でグランプリを受賞した。

展覧会名の「Meteon」は、「気象学」を意味する「Meteorology」と、「音」を表す「On」を組み合わせた赤松による造語。会場では新作『Meteon』『Chijikigumo』の2点が展示される。

『Meteon』は気化熱の原理を取り入れたサウンドインスタレーションで、水の蒸発を気象現象のひとつとして象徴的に扱い、ガラス器の内部を架空の惑星に存在する気象環境に見立てた作品。地磁気の視覚化を試みた『Chijikigumo』は、折り重なる輪が地磁気の存在によって旋回するインスタレーションとなる。

なお、初日の5月29日にはレセプションパーティーが開催される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー